英語の翻訳は難しい?

最近ではインターネットのサービスが普及し、ツールを使えば簡単に英語の翻訳もできるようになりました。
英語ができれば翻訳は誰にでもできるというイメージもありますよね。

 

しかし、実際にはどんなにインターネットの技術が進化して素晴らしい翻訳ツールが使えても、
英語がどれだけ話せても、誰でも翻訳ができるというわけではありません。
英語を翻訳するには、「意味がわかって理解する」だけではないからです。

 

英語から日本語、日本語から英語、双方どちらの翻訳も、
まずは訳す2つの言語を同じレベルで理解していなくてはならないからです。

 

英語が話せるから翻訳できると思っている人は多いかもしれませんが、
実は日本語能力も充分に必要になるのです。

 

細かい言い回しや特有な使い方、
言葉の意味などをしっかり理解していないと英語の翻訳という仕事はできません。

 

英語の表現の中にはダイレクトすぎて日本語に言い換えるとおかしな意味合いになってしまったり、
その逆で日本語の言葉が、英語のボキャブラリーには存在しないといった事もたくさんあるからです。

 

ですから、英語の翻訳を仕事にしたいと考えている人の中には、
まずは知識と経験を充分につけるため取り扱い説明書の翻訳をするところから始める人もいます。

 

書籍化されているものを訳したり映画などの翻訳はまだまだ難しいというのが現実です。
英語の翻訳=英語が話せるということとは違います。
翻訳の仕事をしたい人は、この点をしっかり頭に入れておきましょう。