リスニングパワー

英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

リスニングパワーは一言で言うと、「英語耳」をつくるための教材です。
日本人はリーディング、グラマーの能力に長ける一方、リスニングに大変弱いといわれています。

 

リスニングができないと、必然的にスピーキングもできず、英語でのコミュニケーションがとれなくなります。
「英語耳」とは英語を英語でスムーズに理解するための耳のことです。

 

英語と日本語は順番が違うため、慣れない人は英語を聞いた後、頭の中で日本語に訳します。
それを英語のまま理解する耳だと思ってください。耳とは言いますが、頭の中の思考システムといってもいいかもしれません。

 

普通の音声教材と違うところは、「周波数」です。

 

英語と日本語の周波数の違いを研究し、日本人に聞きやすい周波数で英語音声を流します。
そこから徐々に、本当の英語に導いていきます。

 

海外ドラマの視聴などだけではなく、TOEICなどの試験にも役に立つことでしょう。
「うまく訳せないんだけど、言いたいことはわかる」となれば英語耳ができたといってもいいでしょう。

 

価格と内容のバランスは取れているか

英語教材の中では、価格も比較的安く、
商品内容とのバランスは取れていると思います。

 

サポートはしっかりしているか

購入後は、スコットペリー先生によるメールサポートが30日間無料で受けることができます。
これにより教材を読んでわからなかった箇所に対するサポートを受けることができます。

 

さらにリスニングパワーがバージョンアップした際には、
購入者には無料でバージョンアップ版を提供されるほか、
万が一、商品を紛失してしまった場合のための紛失保証があります。

 

おかしな煽り販売をしていないか

 

公式サイトでは「今だけ5000円offの12.800円」と表示されていて、
本来の定価は17.800円であるとの表記がありますが、これは嘘です。

 

実際は発売以来ずっと12.800円で販売されていることを確認しています。

 

リスニングパワーのデメリット

発音方法の仕方についての解説がないこと。
テキストも音声を全て書き起こしてるわけではなく簡素な作りになっていること
リスニングだけに特化した教材であること

 

リスニングパワーはこんな人におすすめできません。

リスニング以外を強化させたい人
丁寧なテキスト解説を求めている人

 

リスニングパワーのメリット

特殊音を使ってサウンドトレーニングをすることで英語耳を鍛えることができる。
日本人が特に苦手とする子音と母音全般が効率的に学べる。
日本人が混同しやすい音は比較して学べる。
英語が徹底的に繰り返されるから、耳にこびりつく。
作者のスコットペリー先生は、日本人の英語教育に定評がある。
英語教材の中では比較的安価である。
万が一cdを紛失してしまった場合のために、紛失保証が用意されている。
購入後30日間、スコット先生によるメールサポートを受けることができる。

 

リスニングパワーはこんな人におすすめです。

リスニング力を効率的に強化させたい人
再現性のあるノウハウを求めている人
日本人が苦手とする子音などを徹底的に強化させたい人
スコット先生によるメールサポートを受けてみたい人

 

保証について

 

返金保証 なし
紛失保証 あり

 

 

管理人によるリスニングパワーの評価・レビュー

リスニングパワーは、ネイティブによる生の発音と、
コンピュータを用いて、英語を学習する上で非常に大切なキーサウンドや複雑化し
た混合音を広範囲にわたって聞き取れるように工夫されています。

 

著者はこれまで日本人を2000人以上指導してきた実績のある
スコットペリーという人で、ハリウッド映画に出演する柴崎コウさんの発音矯正を任されたほど、
信頼度の高い人物です。

 

そんな人が制作した教材ということもあり、
日本人がリスニングで苦手とする子音などの聞き取りを、
繰り返し効率よく学べるような工夫がされています。

 

メインCD二枚構成になっていて、
CD1では、日本語英語とアメリカ英語の違いを聞き分ける訓練、
聞きとりが難しい母音、日本人がついつい同じ発音で言ってしまう単語同士を一つの文章にして聞き比べるトレーニングをします。

 

 

CD2では、収録のスピードをほぼ2倍にして日常会話のように英語を聞き理解することを主眼とし、
英語のリズムやトーンに触れ、さまざまな周波数サウンドを聞きとれるように設計されています。

 

このリスニングパワーでトレーニングを続けていけば、
確かにリスニング力の強化には役立てそうです。

 

ですので、リスニング面を今よりもっと強化させたいと思っている場合には、
このリスニングパワーが最適の教材となるかもしれません。

 

リスニングパワーの公式サイトご案内